こだま グリーン 車 座席。 新幹線ひかり・こだま料金表|グリーン車運賃/指定席・自由席特急料金【東海道/山陽】

こだま号のグリーン車がおトクで快適だった件|さっとん|JK撮影フォトグラファー|note

こだま グリーン 車 座席

グリーン席は、他の座席と比べて グレードの高い座席でより質の高いサービスを受けることができます。 会員様本人1名でご利用の場合は交通系ICカードで乗車できます。 実際、指定席に乗った時は隣に人がいたり、各駅で人の出入りがあり、あまり落ち着きませんでした。 そしてコンセントの位置は、自由席・指定席に使われている普通車では 窓際の座席であるA席とE席の足元にあります。 ウォーマーというよりも快適な睡眠を誘発する装置です。 しかも、当日発車4分前まで買えるっていう優れもの。 16両の固定編成で、300系の3両1組のユニットをさらに見直し、4両1組としたのが特徴。

次の

新幹線こだま号の座席とは?自由席や喫煙ルームの位置などを大特集!

こだま グリーン 車 座席

この車両は、一部のひかり(ひかりレールスター)と一部のこだまで使われるだけですが、N700系とは違って、コンセントが付いている座席が非常に限られています。 ・・・大丈夫、戦略は練ってある。 少々お金を出しても魅力があります。 逆に言えば、のぞみの混雑具合に辟易して、たまにはゆっくりと移動してみたい人、東京から中部、関西(又はその逆)への旅行で、移動もゆっくり楽しみたい人にはおススメなツアーでもあります。 「こだま」グリーン車以外は、「のぞみ」「ひかり」「こだま」のグリーン車・普通車 いずれも乗ったことがあります。 期待値が高かったせいもあるのでしょうが、 あまり感動はしませんでした。

次の

【💺東海道・山陽新幹線】N700系、N700A系の座席表(座席図)

こだま グリーン 車 座席

また、暴飲暴食? 靴を脱ぐ場合は、手前に広げて使います。 6号車 1列〜9列は普通車となっており、10列以降がグリーン車です。 週に1度は東京~関西を新幹線で移動している者です。 (黄色に着色した座席です) また、あまり知られていませんが、N700系のグリーン車の背面テーブルは少し手前にスライドできるので、ノートパソコンで作業したりお弁当を食べたりするときに便利です。 ご利用いただける席数には、列車毎に限りがあります。 ぜひ読んでください。

次の

東海道新幹線「こだま」700系、鉄道通たちが“わざわざ”乗る理由(野田 隆)

こだま グリーン 車 座席

さらにさらに、 値段についても、普通に購入するより安く買う事ができます! 例えば、 新大阪東京間の場合、 通常は14,720円ですが、スマートEXの場合14,520円になります。 列車のダイヤや運用が不規則な山陽新幹線ですが、コツを押さえれば同じ金額でもより快適な移動をすることができます。 「EXこだまグリーン早特」はこども料金がありませんので2名以上でお子さんとこだまを利用するなら「EXこだまファミリー早特」がおすすめ! 利用期間 年末年始、GW、お盆には設定除外日があります。 700! GREEN CAR! 座席はこんな感じ。 こちらは自由席です。

次の

【💺東海道・山陽新幹線】N700系、N700A系の座席表(座席図)

こだま グリーン 車 座席

3号車(自由席車両)• 写真(左)が禁煙席、(右)が喫煙席の様子となります。 のぞみだと2時間30分なので1時間30分も長い時間新幹線車内で過ごすことになります。 座席はみどりの窓口の係員さんに希望を伝えて下さい。 グリーン車から1. 写真だとちょっと見にくいですが(汗)、それぞれの座席側にひとつづつついています。 足元にはフットレスト(足置き)が置かれています。 奥行きは28cmあります。

次の

EXこだまグリーン早特

こだま グリーン 車 座席

シートピッチは1,160mmで、普通車の1,040mmより12センチほど広いです。 ひかり/こだまの普通車指定席は、シートピッチが1040mmもあるので、 前後の間隔は十分、体の小さい人なら、前にスーツケースを置ける位 (実際にそういう風景をしばしば見ます)の余裕がありますが、シート幅 は440mmしかありません。 今このサイトを見て、どの車両どの座席がいいかを考えています。 足元のスペース。 A ベストアンサー のぞみ号のN700系をはじめ、東海道新幹線(東京~新大阪)を走る新幹線は全て窓側1座席に窓1枚の配置となっていますので、どの座席に乗っても窓の配置は同じです。 16両ではないこだま号は 8両編成=1~7号車が自由席 6両編成・4両編成は、4号車を除く全ての車両が自由席、4号車は列車によっては指定席 となります。

次の

グリーン車でもいい席は?

こだま グリーン 車 座席

営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで 800キロまで 801キロ以上 グリーン料金 1,280円 2,750円 4,110円 5,300円 6,480円 7,650円. 16両編成の場合 また、先頭の先頭は1号車1番となります。 個人のホームページですが、以下のページも参照してみて下さい。 2名以上で購入する• スポンサーリンク コンセントの位置 最後は、 コンセントの位置です。 EX予約を利用したため、片道 13,700円でした。 予約の列車・設備に限り有効です(同一列車内の他の設備には乗車できません。 テーブルの違い 旧型の700系新幹線では奥行き24cm x 31cmでした。

次の

EXこだまグリーン早特

こだま グリーン 車 座席

広々&ゆったり座席は満足感高い さあ、早速中に入りましょう。 グリーン車のテーブルは手前に15cmほどスライドして前後の位置も調整できます。 まとめ いかがでしたか? 正規料金を出して、こだまのグリーン車に乗るのは抵抗があるとおもいますが、 「スマートEX」を活用すればお得な値段で利用できるのでとてもお得です。 2010年代に入るとN700系・N700A系の導入が進み、2011年から廃車が進行。 普通車とグリーン車の比較 グリーン車の座席は、普通車の座席と比べて、快適に過ごせる機能が多く用意されています。 東海道新幹線に乗り慣れている皆さま、新幹線に疎い私に教えていただけないでしょうか。

次の